一般クラス生徒作品 鉛筆デッサン

  • 2019.11.16 Saturday
  • 20:24

受験生の描いたグラスを持つ手のデッサンです。自然な動きを出さなくてはいけませんし、質感、バランス、構成力、観察力など、力量が試される課題で、試験にもよく出題されます。今回の制作時間は二時間。受験にはまだ二年を残しており先が楽しみです。

オランダの跳ね橋

  • 2019.11.15 Friday
  • 21:15

オランダには、地形上、実に多くの跳ね橋があります。これはデルフトの跳ね橋。迫力のある姿、動きを描きたいと思いました。

#絵画教室#スケッチ#水彩画#油絵#川越市#アートスクール#西武新宿線#東武東上線

水彩 ボマルツォの路地

  • 2019.10.22 Tuesday
  • 00:34

イタリアはどこを歩いても、路上駐車でいっぱいですが人が通るのがやっとの路地はもちろん車もなく生活道路として人が行き交っています。別の通りへの抜け道になっていることが多く慣れるととても便利です。ボマルツォはお店もほとんどない小さな村ですが、どこの路地もきれいに掃除されていました。

#絵画教室#水彩画#スケッチ#デッサン#油絵#川越市#埼玉県#東武東上線#西武新宿線

ブリュージュ 水彩

  • 2019.10.13 Sunday
  • 22:24

まるでレゴブロックを積み重ねたようなベルギーでよく見る看板建築。猫たちが登り降りに使ってそうなイメージから、猫の階段と呼ばれています。ブリュージュは何度訪れても絵本の中に迷いこんだような町です。


ベルギーブイヨンの橋

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 15:43

石造りの古い小さな橋です。ブイヨンに着いた翌朝にスケッチしました。9月のベルギーは、すでに初秋の爽やかな気候になっていました。

ベルギーブイヨンの橋

  • 2019.09.24 Tuesday
  • 15:42

石造りの古い小さな橋です。ブイヨンに着いた翌朝にスケッチしました。9月のベルギーは、すでに初秋の爽やかな気候になっていました。

ベルギースケッチ旅行 ブイヨン

  • 2019.09.16 Monday
  • 21:29

9月3日から12日の10日間の日程で、毎年恒例にしている蒲生俊紀と行くスケッチツアーでベルギーに行って来ました。写真のブイヨンはフランスとの国境に近い小さな町です。大きな観光の、目玉が有るわけでもありませんが、そのぶん、落ち着いてのんびりと制作を楽しむことができました。


カサブランカ モロッコ

  • 2019.08.26 Monday
  • 20:07

蒲生俊紀 水彩

カサブランカはユリの名前でもありますが、こちらはモロッコの町、カサブランカです。近代化された通りから一歩入ると、趣のある白の壁の家が見えてきます。1900年代の初め、パリを描いたユトリロの景色のような、白の深みを表現したいと心がけて描きました。

ドラゴンフルーツのある静物

  • 2019.08.16 Friday
  • 19:43

一般クラス受講者。水彩作品。パステル作品。まさに竜の爪のようなドラゴンフルーツ。さまざまな果物がぞくぞくと輸入されるようになり、スケッチの題材に事欠きません。普段見慣れなかったものなので、新鮮な眼で制作を楽しめました。

ハーブとレモン

  • 2019.08.15 Thursday
  • 19:16

ハーブとレモン。一般クラス水彩

暑い夏。爽やかさを心がけてモチーフを配置しました。シンプルな二食の組み合わせですが、ひとそれぞれの魅力的な緑と黄色が表現されました。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM